読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kot-Mas™

フィニファーのように野心的であれ

昨日のこと

自分の能力で足りてないと思われるのが過去の出来事、固有名詞を思い出すことだと思われる。そこで本ブログでは過去あった出来事を思い出すことを目的として執筆してみる。

 

3月8日、昨日は1日のうちに長い話が2回あり1回目は面白かったが、2回目はあまり乗り気じゃなかった。一方はある授業でのこと、その授業はうちの大学の大先生がやっているせいか、今までほとんど開講されたことがなく、今年はある複雑な理由によって何人か受ける人がいて、開講されることとなった。僕たちもそのことを知っており地雷臭しかしない中、教室へと足を運んだ。

 

教室へ行くと、人の気配がしない。もちろん大先生がいたら圧倒的な存在感を放つはずだったのでいるはずがなかった。ドアノブを回すと鍵がかかっているようだった。どうやら大先生は今まで開講された試しがないので今年も行われないだろうと考え来ていないようだった。10分ほど待ったがまだ来ない。授業に出るであろう人たちも揃っていたので、1人が先生を呼びに行った。どうせならもう少し待っても良かったんだけど、大先生これ以上放っておくにはいかない。

 

今日はここまで、明日はどこまで話したか覚えているかな?